K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







グランドセイコーが新型ムーブ9S63を搭載する薄型ドレスモデル『SBGK005』他3モデルを発表!

アバター
WRITER
 
Seiko-Baselworld-2019-Grand-Seiko-Elegance-Collection-SBGK002-SBGK004-SBGK005-SBGK006
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

Grand Seiko(グランドセイコー)から新作の発表です。

グランドセイコーが薄型ドレスモデルの新ライン『Ellegant Collection(エレガント コレクション)』として、ステンレスモデルのSBGK005を始め、貴金属ケースのSBGK002(赤文字盤×RGケース)、SBGK004(黒文字盤×RGケース)、SBGK006(YG)の4モデルを発表しました。

直径39mm×厚み11.6mmのケースには新型手巻きムーブメント9S63が搭載されます。この9S63は72時間の長時間パワーリザーブに加え、3時位置にパワーリザーブ、9時位置にスモールセコンドを配するクラシカルなムーブメントです。

残念ながらフリースプラングではないものの、限定モデルの9S63には青焼きされたネジが使用されていて、高級感があります。

特筆すべきは、各モデルのダイアル(文字盤)です。ローズゴールドのケースを持つSBGK002、SBGK004には丸みを浴びたドーム形状の文字盤に越前の漆芸家・辻利和氏の手によって透漆(赤)、黒漆(黒)が施され、12時、6時のアラビア数字とバーインデックスは金沢の漆芸家・田村一舟氏が高蒔絵という技法を使って描きます。

Grand Seiko SBGK004
Grand Seiko SBGK004

ステンレスモデルのブルーダイアルは盛岡市から臨む岩手山をイメージした清涼とした印象ですね。

ステンレスモデルのSBGK005は限定1,500本/750,000円(税抜)、ローズゴールドモデルのSBGK002/SBGK004は限定各150本/3,200,000円(税抜)です。イエローゴールドに白文字盤のSBGK006は定番モデルとなり、定価2,100,000円(税抜)で販売されます。4モデルとも2019年4月にデリバリーされる予定です。

10mmを切る薄さが欲しかったものの、実にエレガントなモデルに仕上がっていると思います。早く実物を見てみたいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2019 All Rights Reserved.