K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







ユリス・ナルダン「エグゼクティブ・トゥールビヨン・フリーホイール」

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

HODINKEEからの紹介記事です。

Ulysse Nardin(ユリス・ナルダン)から複雑時計「エグゼクティブ・トゥールビヨン・フリーホイール」が発表されました。複雑機構のTourbillonを中心に、各部品がまるで「宙を浮いている」ように見せる文字盤が美しいですね。

マリン・クロノメーターを作っていたユリス・ナルダンらしく、船の錨(イカリ)のような形をした動く脱進機が特徴的。そして、シリコンを多用するなど最新技術が惜しみなく投入されています。

巻き上げは7日間のパワーリザーブ。43mmの直径に13mmを超える厚みからおわかりの通り、日常使いの時計ではないです。見て「見せて」楽しむ時計なのです。

そんな時計のお値段は〜1,088万円。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.