K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







今さらながらゼニス 『デファイ クラシック』の出来が恐ろしく良いことに気づきました。

アバター
WRITER
 
zenith-defy
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

ZENITH(ゼニス)が2018年のバーゼルワールドで発表したDEFY Classic(デファイ クラシック)。

発表当時は何とも思わなかったのですが、最近になってその魅力に取り憑かれるようになりました。僕の感覚がようやくゼニスの先進性に追いついたと言うべきか。

何と言っても、このデファイはLVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)傘下のブランドであり、このデファイ クラシックはジャン・クロード・ビバー氏が指揮を執っていたころに発表されたモデルでもあります。ビバー氏が第一線から引退してしまった今、このデファイ クラシックは『ビバー氏が手がけた最後の時計』となってしまうかもしれません(そう、スティーブ・ジョブスのiPhone4sのように)。

zenith-defy-classic-openwork-face
それにしても、これだけごちゃごちゃしたオープンワーク(スケルトン文字盤)でありながら、視認性が損なわれていないのは、音叉に似たフォーク型のブリッジの整合感に拠る処が大きいと思います。針の力強さのおかげで、浮いた感じがないのはさすがですね。
zenith-defy-classic
素晴らしいのはケースの薄さで、チタン製のケースの厚みは10.75mmとかなり頑張ってくれました。41mm径のケースですが、このとおりラグが短いので、装着した際の大きさはそれほど意識しなくて済むでしょう。
zenith-defy-classic-case-back
ケースバックから覗くCal.Elite 670 SK。この3.88mmの薄型ムーブメントがケースの厚みを抑えることに貢献してくれました。スムーステンプを超速するのは微動調整機能付きの緩急針。ヒゲゼンマイと脱進機にはシリコン素材を使用していることから、耐磁性は期待できそうですね。10mmを切るとより魅力的なのですが、100mの防水機能を確保するためにはこの厚みが必要だったのでしょう。
zenith-defy-classic-bracelet
チタンブレスレット、ラバー、ラバーにクロコダイルを薄く貼ったストラップの3種が用意されます。チタンブレスレットの仕上げは見事ですし、素材から見て軽いことは間違いないのですが、スケルトン文字盤にはラバーもしくはクロコラバーがマッチすると思います。どちらも欲しい方は、チタンブレスレットモデルを購入してから、別注すると良いと思います。逆にしないよう注意です(高くつきます)。

このDEFY ClassicはRANGE ROVER Evoqueとコラボした限定モデルが2018年11月に発表されたばかり。Evoqueのホイールのデザインが文字盤のブリッジに表現されています。こういうさり気なさは実に粋です。zenith-defy-classic-range-rover-evoque

いかがでしたでしょうか?

ゼニス デファイ クラシックはシャツのカフの下に収まるスポーツラグジュアリーウォッチとして、かつてビバー氏が在籍したオーデマ・ピゲ『ロイヤルオーク』のDNAを色濃く受け継いでいる印象を持ちました。チタンケースにシリコン素材のムーブメントパーツという先進性も実に魅力的。そして、価格はラバーストラップモデルが756,000円と手の届きやすい価格帯で展開しています。

基本情報
メーカー ZENITH(ゼニス)
モデル/型番 Defy Classic /95.9000.670/78.M9000(チタニウムブレス);95.9000.670/78.R584(クロコラバー);95.9000.670/78.R782(ラバー)
縦×横×厚さ 直径41mm×厚み10.75mm
ケース素材 チタニウム
防水性能 10気圧
ブレスレット チタニウムブレス;クロコラバー;ラバー
価格/生産数 CHF 7,500(チタニウムブレス);CHF 6,500(クロコラバーもしくはラバー)
ムーブメント情報
キャリバーNo. Elite 670 SK
巻上方式 自動巻
振動数 28,800
石数 27
調速機構 緩急針
パワーリザーブ 50時間

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.