Untitled

7年ぶりの新譜なんですね〜。Janet Jacksonのアルバム「Unbreakable」を聴きました。僕が購入したアルバムとしては1997年の「Velvet Rope」以来で実に18年ぶりです。

音質面のクオリティはもの凄く上っている反面、テイストはあまり変わってないんですよ。僕みたいに懐かしさ半分で安心して聴く分にはいいんでしょうが、若い世代にはどう聞こえるんでしょう?ちょっと新しさが足りないかな?でも、アルバムの後半は実験的な試みもあって、いいと思います。

ついマイケルの声質を求めてしまうんですよね。本当によく似ている。これは彼女にとってはジレンマなんだろうけど、マイケル亡き今貴重な存在ですよね。

新しいイヤホンATH-IM03で聴いていますが、イイ感じで鳴ってくれます。

曲はほとんどJanetとJimmy Jam and Terry Lewis(Jam&Lewis)という50代後半のソングライティングチームが書いています。Jam&Lewisは80年代後半からRoland社(日本の会社ですよ、みなさん誇りに感じましょう)のTR-808というドラムマシンをいち早く楽曲に取り入れるなどハウスミュージックの元祖みたいな人達なんです。ものすごい一流の老練なクリエイターが作ったアルバムですからね、完璧です。安心して聴けます。

今年は良質なスタジオ・アルバムに触れられて嬉しいです。ADELEの「25」ももうすぐリリースです。こちらも楽しみな秋の夜長ということで。