K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







【SIHH2019】A.ランゲ&ゾーネ 『ランゲ1』25周年モデル

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

Walter Lange(ウォルター・ランゲ 〜2017)とGünther Blümlein(ギュンター・ブルームライン)が再興されたA. Lange & Söhne(ランゲ&ゾーネ)から数モデルを初出してから25年経ちました。

この時発表されたモデル群は今なお、ランゲ&ゾーネのアイコニックピースであるのですが、ランゲ&ゾーネはクラシックな時計としては珍しく、遠目で見てもランゲであることが一目で判ります。そういう意味では、パテック・フィリップのカラトラバシリーズとよく似ていると思います。

そして25周年を迎えた2019年、最も知られたモデル『ランゲ1』がシルバーダイアル、ブルースチールの針、ブルーの植字で限定250本リリースされました。a-lange-and-sohne-lange-1-25th-anniversary-dial
ホワイトゴールド製のケース裏はハンターケースになっており、裏蓋の開閉が可能です。裏蓋には工房がハンドエングレービングされていて、左右には再興の功労者であるウォルター・ランゲとギュンター・ブルームラインが刻まれ、25周年を示す”25 JAHRE LANGE 1.”がトップに掲げられています。

しかし、ハンターケースで10.7mmの厚みに抑えられたことに脱帽します。ヒンジの構造も美しく仕上げられていると思いますし、耐久性も高そう。
a-lange-and-sohne-lange-1-25th-anniversary-case-back
この特別なランゲ1に既視感を感じらえっるかもしれませんが、近いモデルとして2001年〜2005年のref. 101.027xが挙げられます。このモデルのプリント植字がブラックであること以外は25周年モデルと極めて近いフェイスを持っていると言えます。

しかし、ref. 101.027xの裏蓋はハンターケース仕様ではない上、搭載するムーブメントCal. L901.0はスワンネック型緩急針で、現在のようなフリースプラングムーブメントよりはずっと古典的な設計であったのです。

25周年モデルに搭載されるCal.121.1は今回初搭載のムーブメントです。ハンドエングレービングされたテンプブリッジには「25」のアラビア数字がブルーで染め抜かれています。
a-lange-and-sohne-lange-1-25th-anniversary-cal-121.1
ランゲ1はSIHH2019の開催直前にプレスリリースされました。今の所、プライスタグは545万円ということですが、SIHH2019開催中に変動するかもしれません。

 

基本情報
メーカー A.Lange & Söhne(A.ランゲ&ゾーネ)
モデル/型番 Lange 1/191.066
サイズ 直径28.5mm×厚み10.7mm
ケース素材 18KWG
防水性能 日常生活防水
ブレスレット アリゲーターストラップ(手縫いステッチ)
価格/生産数 €43,700(5,446,571円)/250本
ムーブメント情報
キャリバーNo. Lange 121.1
巻上方式 手巻
振動数 21,600
石数 43
調速機構 スワンネック付フリースプラング方式
パワーリザーブ 72時間

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2019 All Rights Reserved.