K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







eクラウンを実装したRessence(レッセンス) Type 2が遂に登場!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

2018年にコンセプトモデル「Type 2 e-Crown Concept」が発表されてから1年、遂に正式リリースされる運びとなったRessence(レッセンス) Type 2。

このモデルの注目すべきポイントは「e-Crown」と呼ばれる、機械式ムーブメント(ETA2892/A)をモーターで自動的に時刻調整する機構です。モーター駆動のためのバッテリーは必要なく、発電は文字盤を周遊する12のシャッター内のソーラーセル経由で供給されます。電力が足りなくなるとシャッターが自動的に開き発電が開始されます。

開発をリードしたのは、iPodの開発を手がけたトニー・ファデル(Tony Fadell)氏。自身も機械式時計のコレクターで、時刻調整の煩雑さに辟易してe-Crownを発明したというから驚きです。

関連記事
eクラウンの内部モジュールは下図のようになっていますが、モーターが筒状に小型化されていて随分とコンパクトに仕上がっています。時刻情報はスマートフォンなどからのアプリと連動して調整されるということで、文字通り、リューズが存在しない時計です。
ressence-type-2-e-Crown
文字盤もかなり特殊ですね。レッセンスのモデルはディスクがローテイト(回転)することで事項を表示するので、「針」は存在せず、ディスク上に描かれた針の植字(蓄光塗料スーパールミノバ)がその代わりとなります。
ressence-type-2-dial
針が存在しないことは、文字盤と風防との距離を縮めることができるので、ケース厚を抑えることが可能です。その恩恵によりType2のケース厚は12mmです。機械式ムーブメントの上にeクラウンモジュールをウェハーしていることを考慮すると、驚異的な薄さと言っていいと思います。
ressence-type-2-side-angle
一方で、犠牲となったと言えるのは防水性です。スペック上の防水性能は1気圧防水なので、事実上水に漬けることはご法度、水滴がかかる程度を耐える程度と考えてください。

eクラウンを実装したRessence(レッセンス) Type 2はブルーに近いグレー(スンスラシート)色のType2AとグレーのType2Gの2展開です。価格は $48,800(約530万円)で、2019年4月よりデリバリーが開始されます。

 

参照元
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2019 All Rights Reserved.