K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







F.P.ジュルヌから新色ブライトイエローのスポーツライン「サンティグラフ」「オクタ」が登場!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

独立時計師F.P.Journe(フランソワ・ポール・ジュルヌ)からスポーツラインの新色文字盤が登場しました。

新しいブライトイエローの文字盤を纏うのは「Centigraphe(サンティグラフ)」と「Octa(オクタ)」の2モデルです。ブライトイエローに対して、針や差し色として使われるレッドが実にスポーティで好きです。

この時計からは、ポルシェ・ボクスターのテイストを僕は感じます。
f-p-journe-centigraphe-line-sport-watches-bright-yellow
あらためて、サンティグラフから見てみましょう。この時計は紛れもないクロノグラフなのですが、何が特異かというと、1秒間に6振動のビートで駆動するにも関わらず、クロノグラフ作動時には1/100秒の計測が可能な点です。これは機械式時計の常識では100振動ないと実現できないのですが、F.P.Journeは増幅輪列という機構を組み入れることで可能としました。

計測用のセンターセカンド(秒針)はない代わりに、2時位置に20秒積算計が配され、10時位置は1/100秒計が1秒に1回高速回転します。6時位置には10分積算計が配されていることから、よほど短く緻密な計測が必要でない時以外は使用しない機能となります。非常に現代的な要求に応えたクロノグラフだとは思います。

搭載するアルミニウム製のCal.1506は一見普通の手巻きムーブメントに見えます。クロノグラフ非作動時には80時間のパワーリザーブは、クロノグラフ連続作動時には24時間に落ちることから、クロノグラフの作動エネルギーが相当なものであることが窺えますね。

44mm径のケースはグレード5のチタニウムにセラミック製ベゼルを備えています。ブレスレットの隙間にはラバーインサートが挟み込まれており、装着性を向上させています。

防水性能表示がないことから、浸水には気をつけた方が良いですね。f-p-journe-Octa-line-sport-watches-bright-yellow
一方のオクタ スポーツはジュルヌらしいクラシカルさが色濃いモデルです。搭載するCal.1300-3はタングステンとチタンの合金で造られたローターを備える自動巻で、パワーリザーブは160時間にも及び、パワーリザーブ計とカレンダー機構を備えています。ニューメラルインデックスには夜光塗料が塗布されており、暗闇での視認性も抜群です。

「Centigraphe(サンティグラフ)」と「Octa(オクタ)」はいずれも重さが僅か75gとチタンケースにアルミニウム製地板の恩恵を受けた軽さを備えています。価格には重みがそれなりにあります。前者がCHF56,000(630万円)に対し、後者はCHF36,000(405万円)です。

僕の感想としては、文字盤の洗練度からすると、この時計に相応しいのは44mmではなく、アンダー40mmかなと。次のメジャーアップデートが楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.