K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







セイコープロスペックス 1970 メカニカルダイバーズ 復刻デザイン SBDX031登場!【Basel2019】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

昨年末ごろから復刻が噂されていましたセイコー セカンドダイバー復刻がバーゼルワールド(Basel2019)で正式に発表されました。その名もセイコープロスペックス 1970 メカニカルダイバーズ 復刻デザイン。

型番は日本ではSBDX031、海外ではSLA033とSEO的に非常にややこしい命名をまたしてもやらかしてくれたセイコー。

2018年の1968年復刻ダイバーのジュネーブ時計グランプリの部門賞受賞に気を良くしたのか2019年も復刻ダイバーを発表しましたが、今回は元々人気のモデルということで強気な価格設定で45万円(税抜)のプライスタグにはちょっと驚きます。

SLA033-1
SBDX031

セカンドダイバーは海外でも人気モデルです。1979年のフランシス・フォード・コッポラ監督の映画『地獄の黙示録』の中でウィラード大尉を演じるマーティン・シーンが身につけていたのが、セカンドダイバー6105-8110なのです。日本では冒険家の故・植村直己氏が着用したことで有名なモデルです。

6105-8110
オリジナルのセカンドダイバー6105-8110 image by Fratello Watches

クッションというよりは座布団のようなケースに4時位置のリューズを持つこのダイバーズウォッチはオリジナルモデルの潜水性能は150mでしたが、復刻モデルであるSBDX031は200mに強化されています。

ケースサイズはオリジナルの44mmに対し、45mmと1mm大型化され、ムーブメントは毎時28,800振動の8L35を搭載しています。これだけ大きいとガンガンぶつけて傷だらけになりそうですが、ステンレスケースにはダイヤシールドという硬化処理が施されており、傷には強いと言えそうです。

SLA033-2
スクリューバックのケース裏

ストラップはシリコン製で、ケースに対して非常に細い印象を持ちます。このシリコンストラップは僕も試着したことがあるのですが、非常に柔らかく装着性に優れています。

セイコープロスペックス 1970 メカニカルダイバーズ 復刻デザイン SBDX031は限定本数2,500本、2019年7月6日に発売予定です。1979年生まれの僕もこのモデルは欲しいです。

基本情報
メーカー SEIKO Prospex(セイコー プロスペックス)
モデル/型番 1970 メカニカルダイバーズ 復刻デザイン/SBDX031(SLA033)
縦×横×厚さ 49.7mm×45mm×13mm
ケース素材 ステンレススチール
防水性能 200m
価格/発売時期 45万円(税抜)/2019年7月6日  限定2,500本
ムーブメント情報
キャリバーNo. 8L35
巻上方式 自動巻
振動数 28,800
精度 日差+15秒~-10秒
調速機構 緩急針
パワーリザーブ 50時間
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2019 All Rights Reserved.