$("a").each(function() { if( $(this).find('img').length ) { $(this).attr( "data-lightbox", "image-1" ); } });

株式投資の良書3選

2017年から確定拠出年金がスタートしました。
2018年から「つみたてNISA」が始まって、いよいよ貯蓄から投資へのシフトが加速していきそうな勢いです。

我が家は長男、私自身、妻の「ジュニアNISA」や「つみたてNISA」の枠をフル活用して運用しています。もちろん確定拠出年金にも毎月12,000円投じています。 私自身の名義でアクティブファンド、妻名義でインデックスファンド、長男名義で内国ETF、REITの構成で運用しています。

貯蓄の代替なので、個別の銘柄は保有していません。 運用額が大きくなって来たところで、自分の投資リテラシーが大したことないことに不安を感じて書籍の力を借りる事にしました。
「運用してる」っていうのは大人の階段登る的な陶酔感があって危険なんですよね。 田端信太郎氏の受け売りですが、時間を無駄にできないので。 僕が選んだのはこの中の3冊。 まず、チャートを軸に投資判断を行うテクニカル分析のための本がベレス&カプラ共著の「デイトレード」です。僕はチャート眺めるのも好きなんですよね。皆さんもそうかもしれませんね。

でも、この本はテクニカル分析を行うための具体的な手法が全く書かれていません。むしろ、投資の心構えを説く本です。それがなかなか思想的にしっかり刺さるのがこの本のよいところ。 「一攫千金を狙うな。損切りしろ」というのに集約できます。


次に僕の今の投資スタイルに近い「インデックスファンドのバイ&ホールド」を推奨するのがバートン・マルキール著の「ウォール街のランダム・ウォーカー」です。

最後に、テクニカル分析でもファンダメンタル分析でもバイアンドホールドですらない、経済的なイベントで柔軟にスタイルを変えるべきと提唱するのが、アメリカのお茶の間で人気らしいジム・クレイマー著「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」です。表紙は俗っぽい香りがしますが、内容としてはごく真面目です。

2000年代前半に書かれた本ですが、紹介されているWebサイトのリンクが存続している点でもスタンスにブレがないことを示していると思われます。でも、もう廃刊されているんですよね。僕はプレミア価格を払ってこの本を入手しました。
著者はゴールドマンサックスを経て、ヘッジファンドを経営。ITバブル崩壊直前に手仕舞うことを提言したことで有名(?)とのこと。妻のカレンさんも元トレーダーで、この人の投資アドバイザーでもある。この本を書いた時にはすでに引退していたみたいですけどね。

マツダCX-8 Lパッケージ(7人乗り)をオーダーしました!

スクリーンショット 2018-03-29 22.46.32

アクセラXDに乗り始めてもうすぐ4年になりますが、我が家はマツダの大型SUVであるCX-8に乗り換えることになりました。
 

発売してすぐに試乗に出かけたのですが、先日妻にも感想を聞こうと家族全員で試乗に出かけました。

妻の感想は僕と同じで、「静かで力強くて目線が高いので乗りやすい」というもの。車ではいつも泣いてしまう下の娘も広い室内でリラックスできるのか、試乗中は静かに過ごしていました。もうすぐ小学校に上がる長男も3列目の居住性の良さが気に入ったようです。
 

3月の決算期ということで、値引きも頑張ってくれるというので数時間に及ぶ交渉の結果、契約することになりました。

オプションてんこ盛りだったのですが、値引額は15万円ほどでした。ただ、いま乗っているアクセラXDの下取りが160万円というあり得ないほど高い査定をいただいたので、今しかないとサインしました。


選んだグレードはLパッケージ(6人乗り)のマシーングレーメタリックでした。ところが、数日後営業さんから2列目がベンチシートとなるLパッケージの7人乗りがリリースされるので変更されますかというオファーをいただきました。車体価格は変わらずです。車体の色も変更可能ということで、妻の希望のスノーフレイクホワイトに変更して再オーダーしました。


ベンチシートになってもシートヒーター(2列目)が搭載されることと、リクライニング角度が6人乗りと変わらないことを確認して決めました。


とはいえ、納車は7月とまだまだ先です。それまではアクセラXDとの時間を大切に過ごしたいと思います。最近遠出していないので、長野の靴店「ヤマザキヤ」にアクセラで出かけようかな。

納車されたら、下呂温泉の素敵な宿に家族と出かけようと思います。


ところで、最近面白い記事を読みました。

僕の好きな「名もなきライター」さんがマセラティを購入されるべくお仕事を頑張るとか。こういう生き方いいなと思います。車選びってその時の生き方が出ますね。

DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。

DSCF4161

DTMを楽しむ上で不可欠なのが、モニター環境です。僕は長らくBA(バランスドアーマチュア)型のイヤホンATH-IM03を使用してきました。音質には大変満足しているのですが、耳道に入れっぱなしは疲労感が出てくるんです。

そこで、パワードモニター(スピーカー)の導入を検討しました。仏FOCAL社のSHAPEシリーズなんか良さそうじゃないですか!

DSCF4162

続きを読む

機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来

機械式時計の虜になって、早18年。

欲しい時計が出ては、今まで所有していたものを売って新たに買ってを繰り返してきました。

僕の感覚だと買値の7割が売却可能の最低額です。

この感覚が狂い始めたのが、2013年頃です。何と買った価格よりも売った価格の方が高くなる現象に遭遇することが多くなったのです。

折しも、スイスフランの高騰を受けて時計のリテール価格もどんどん上昇を続けてきたのが過去5年の出来事でした。

そんな中、時計ジャーナリストの広田雅将さんが興味深い考察を提供してくれました。

投機対象となるには国際的な取引所が必要となりますが、その担い手として国際的な機械式時計の売買サービスを提供するChrono24が有望だということです。

確かに僕もレアな時計を入手したい時は、ここで価格をリファレンスします。一度手放したRolex4233/9の新品を購入するためにいくつかの販売店と交渉した経験があります。

このChrono24の特徴は世界中の時計販売店が参加しているので、相場のリファレンスに信頼性には定評があります。

最近はその膨大な相場情報から、所有する時計のポートフォリオを表示する機能が実装されましたので、早速使って見ました。

続きを読む

T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!

DSCF3951

革小物司・岡本拓也氏が率いるT.MBHの革小物を愛用し始めて半年ほど経ちます。

一番初めに購入したリザード革の「葉合わせ」という小銭入れは薄くて縫い目もコバもなく、耐久性が心配でしたが、全く破綻することなく日常の小銭の出し入れに役立ってくれています。
 

岡本さんにはストラスブルゴのオーダー会でお話して購入したのですが、とても気さくで良い方です。職人気質の人は生き残れない世の中なんでしょうか。
 

続きを読む
記事検索
ギャラリー
  • マツダCX-8 Lパッケージ(7人乗り)をオーダーしました!
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
Amazonライブリンク
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ